葬儀の受付を依頼された時 - 平塚で行う家族葬・火葬式

葬儀の受付の服装

葬儀の受付の服装の写真

男性も女性も黒のスーツを着用する必要があります。

男性の場合は、白のシャツに黒のネクタイを合わせます。女性の場合は黒のワンピースでもOKです。夏でも半袖は避け、肌の露出は控えめにしましょう。靴下やストッキングは黒で統一しましょう。女性の場合は肌色のストッキングでも構いませんが、葬儀や告別式の場合は、ストッキングの色は黒が一般的なので、黒の方が無難です。靴やバッグも黒にしましょう。金具が付いていないものであればOKです。光沢が目立つエナメルや、殺生のイメージが強い動物の皮でできたバッグは避けましょう。

受付は基本的に立ち仕事です(役割によっては受付の控え室で整理されることもありますが。) ) そのため、ヒールが低く、歩きやすい靴を選びましょう。しかし、もちろん運動靴は履いてはいけません。大人の方であれば、革靴が望ましいでしょう。アクセサリーは、結婚指輪以外は原則としてつけてはいけません。ただし、黒真珠も白真珠も許されています。これは真珠が涙の宝石だからです。しかし、真珠は絶対に必要なものではないので、つけなくても問題はありません。他に身につけても良いアクセサリーとしては、腕時計があります。受付の場合は時間を把握する必要があるので、時計をつけたいと考える人は多いでしょう。しかし、その場合でも落ち着いたデザインの時計を選ぶことが大切です。文字盤は白を選び、ベルトは革(黒)やスチール製のものを選ぶようにしましょう。女性用の時計の場合は、ブレスレットに代わるおしゃれなものがよく販売されています。プライベートでのファッションとしても使えますが、葬儀の場では使用しない方が良いでしょう。男性の場合、髪色は基本的に黒髪にします。また、短くして三つ編みにするのが一般的です。女性の場合は、少し茶系でもロングでも構いません。ただし、髪の毛が邪魔にならないように、リボンで結ぶようにしましょう。最近では葬儀用のバレッタやリボンなども通販で購入できるので、1つ持っておくと安心です。また、女性の場合は、どのくらいの化粧をすればいいのかという問題もあります。大人の女性であれば、ノーメイクよりも薄化粧の方が良いでしょう。かたあげしょう」という文化があるため、口紅はつけないのが公式だと思っている人もいます。しかし、口紅はメイクの基本中の基本だからつけたほうがいいという人もいます。どちらを取るかは簡単には決められませんが、淡い色の口紅をつけるべきだと言っておきましょう。グロスはテカテカして不謹慎になるのでつけない方がいいです。ファンデーションを薄く重ねる アイシャドウを使う場合はブラウンが最も望ましいですが、控えめなピンクでも構いません。特に何かをつける必要はありません。原則として、チークは顔色に色を付けすぎてしまうので避けます。しかし、そもそも顔色が悪くて、チークをつけていないと人に顔色が悪いと言われてしまうような人は、チークをつけても問題ありません。人でなくても、頬に軽くチークを塗っても何も問題はありません。メイクアイテムはすべてマットなものにしましょう。特にラメがついているものは避けるようにしましょう。また、マスカラやつけまつげ、アイライナーもお葬式にはふさわしくないアイテムです。とはいえ、細かいことではありませんので、弔事では派手になりすぎないように、全体のバランスを意識してほどほどにすることが大切です。