葬儀の受付を依頼された時 - 平塚で行う家族葬・火葬式

葬儀受付での注意点

葬儀受付での注意点の写真

例外を除いて、小規模なお葬式であっても、受付は複数人で対応します。

これは、香典つまりは金銭の取り扱いを受付が担当するからです。葬儀社によって多少異なりますが、受付には待合室があります。そこで香典と芳名帳を管理しているのですが、場合によっては受付の人が香典をほどいて中のお金を数えることもあります。香典袋を開けて中身を取り出すという作業は、やってみるとわかりやすいのですが、意外と時間がかかります。たくさんの「香典」を受け取ったときに、自分で全部やるのは遺族の負担が大きいですよね。受付の人がやってくれれば、遺族の負担は軽くなります。また、当日に返金できない場合は、後日別途返金しなければならないので、手続きが楽になります。大規模な葬儀の場合、香典だけで100万円を超えることも珍しくありません。これを一人で保管・管理するのは大変ですし、疑惑を招くことにもなりかねません。そのため、必ず複数の人に管理してもらった方が良いでしょう。

また、大きなお葬式になると受付で働く人数も増えてきますので、それぞれの役割を明確にしてから仕事に臨むようにしましょう。当然ですが、香典の中身を確認したくても、参列者の前で開けてはいけません。扉を閉めた状態で応接室で行うべきです。また、大規模な葬儀の場合でも、香典を全く開封せずに遺族に渡してしまうケースもあります。このような場合でも、包みを盗まれたり、盗まれたりしないように、複数人で管理するようにしてください。冠婚葬祭はとても大切なものになります。特に葬儀は故人との最後のお別れの場でもあるため、真剣に考えている人が多く、遅刻しないように参列する人も少なくありません。中には開式の30分以上前に到着する人も珍しくありません。このような喪主をお迎えするのが受付担当者です。そのため、遅刻してはいけません。特に会社の誰かから受付を頼まれている場合は、仕事の延長線上にあると思われがちで、遅刻することで社内での評判が悪くなってしまうこともあります。時間通りに帰るようにしましょう。ただし、受付は複数人で行うことが大切です。また、時間に余裕を持って出てきたのに、途中で事故に遭い、どうにかしようと思ってもどうしても遅刻してしまうなど、やむを得ない事情で遅刻してしまうこともあるでしょう。このような場合は、相手に連絡を取るようにしましょう。受付の他のメンバーを知らなかった場合は、葬儀社に直接電話をすれば大丈夫です。